株式会社寿ケミカル

TEL

ホーム > 会社沿革

会社沿革

会社沿革

1954年9月
寿商会(大阪市東区道修町2丁目11番地)を創業する
主として女性卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)を輸入し、
薬用化粧品原料として大阪の各化粧品会社へ紹介・販売を実施
1957年10月
(株)寿ケミカル設立(資本金250万円)
デシチン・ベルク・カール・クリンク社(ドイツ)等の日本代理店となり、テシット・デシチン、テゴー51等の特殊原料薬および自社開発による溶性シスチンを国内の医薬品、化粧品メーカーへ紹介し販売を実施
1959年7月
大阪市東区本町1丁目38番地へ移転し、CLR クルト・リヒター社(ドイツ)の日本総代理店となり、化粧品用特殊活性物質(プラセンターリキッド等)の国内医薬品、化粧品メーカーへの紹介と販売を実施
1982年7月
資本金32,123,000円に増資
1987年7月
大阪市北区天満2丁目3番5号へ移転
1988年5月
京都市山科区に山科研究所を新設
1988年8月
資本金38,547,000円に増資
2003年7月
代表取締役社長 伊東��美が代表取締役会長に就任し、
代表取締役副社長 伊東泰通が代表取締役社長に就任する
2004年4月
代表取締役会長 伊東��美が名誉会長に就任する
2010年9月
東京都千代田区神田に東京営業所を新設
2017年9月
大阪市中央区伏見町4丁目2番14号 WAKITA藤村御堂筋ビル6階へ本社移転