株式会社寿ケミカル

TEL

ホーム > ジュヴェナイ CLR

ジュヴェナイCLR 目の下のクマを防ぎ、若々しく輝く目元に

ジュヴェナイCLR

ジュヴェナイCLRはホークウィード(ヤナギタンポポ属)とヒナギク花のエキスとの相乗効果によって、目の下のクマを改善する効果があります。

目の下のクマの原因

目の下の皮膚は大変薄く、その下には毛細血管が集中しています。そのため、血流は停滞、密集しやすく、ストレスや老化により血液が皮膚に浸透します。赤血球に含まれるヘムの放出は、目の下のクマの外観に影響を与える他、炎症を引き起こし、UV照射と同様にメラニン産生を促進します。一方、老化や炎症の結果、リンパ管による皮膚の排水機能の衰えは浸透圧を高め、陰影効果もあって腫れぼったい目になります。これも目の下のクマの形成の原因になります。

ジュヴェナイCLRは

・ ヘムによる悪影響を抑制します。

・ メラニンの産生を抑制します。

・ 皮膚の排水機能を高めます。

・ オートファジーを促進し、細胞代謝を活性化します。

・ 目の下のクマの面積を減少させます。

ヘムによる悪影響を抑制

目の下のクマの形成に悪影響を与えるヘムはヘムオキシゲナーゼ(HO-1)によって分解されます。ヒトケラチノサイトにジュヴェナイCLRを添加し、HO-1産生量をELISAで測定したところ、ジュヴェナイCLRはHO-1産生を濃度依存的に促進しました。

メラニン産生抑制

UVと同じように、ヘムは皮膚の炎症や酸化を誘発し、メラニン産生を促進します。皮膚モデルを使って検討したところ、ヘムやUVによってメラニン産生が促進されましたが、ジュヴェナイCLRはそれを抑制しました。

皮膚の排水機能の向上

老化と炎症により、皮膚の排水能力が衰えると目の周囲の分泌液は比較的容易に蓄積します。この分泌液は高浸透圧ストレスを引き起こし、目の下のクマを促進します。VEGF-Cは機能的なリンパ管の産生を促進する成長因子で、排水機能を高め、目の下のクマを防ぐためにも非常に重要です。ジュヴェナイCLRで前処理したリンパ管内皮細胞のVEGF-C産生量をELISAで測定したところ、等浸透圧、高浸透圧共にVEGF-Cの産生を促進しました。

オートファジーを促進し、細胞代謝を活性化

オートファジーは古くなり機能に障害が起きている細胞小器官やタンパク質の凝集物を細胞が再利用することのできるプロセスです。ケラチノサイトが取り込んだメラノソームもオートファジーによって分解されます。ヒトケラチノサイトにジュヴェナイCLRを添加し、オートファジー活性の指標となるLC3B産生量をELISAで測定したところジュヴェナイCLRはLC3Bの産生を促進しました。

目の下のクマの面積を減少

12人のボランティアに試験を行いました。処方の一つは3% ジュヴェナイ CLRを含有、もう一方はプラセボで、56日間、1日2回、それぞれを目の周囲に塗布しました。試験開始時と処方塗布56日後に、VISIAでデジタル分析しました。その結果、3% ジュヴェナイ CLRを塗布した方は目の下のクマの面積が明らかに減少しました。
  • 0日目
  • 56日目